Activity2014年度の活動内容

第25回友愛ドイツ歌曲コンクール本選会開催

ドイツ歌曲に於ける唯一のコンクールとして高い評価をもつ友愛ドイツ歌曲コンクール本選会が12月12日(金)文京シビック小ホールにて開催された。

応募総数57名の中から、一次予選、二次予選と勝ち抜いた10名の精鋭による本選会は、毎年楽しみに来場される方も有る程、定着した会となっている。
今回は鳩山由紀夫理事長、井上和子評議員長、川手正一郎常務理事も来場し、始まりから最後の出演者まで、熱心に聞き入って、歌声を楽しんでいた。

学生の部から演奏が開始され、9人の熱演が繰り広げられた。(当日一名欠場) ソプラノ、メゾソプラノ、バリトン、テノール、カウンターテナーまで彩り豊かな歌声に、来場者からは大きな拍手が贈られ、華やかで和やかな中にも熱気あふれる本選会となった。

全出演者の演奏が終わり、聴衆者賞の投票の時間となったが、聴衆者賞もすっかり定着した感があり、入場券の半券と投票券の交換に、多くの方が列を作って参加してくださった。
聴衆者賞は、照屋篤紀さんが受賞、鳩山由紀夫理事長と、井上和子評議員長が2人で舞台に立ち、読み上げ表彰を行った。
審査に入り、審査員の先生方は、今回の出演者の技量の高さに頭を悩ませた。

日本R・シュトラウス協会賞は、例年意見の分かれるところだが、今年度は全審査員一致で照屋篤紀さんに決定した。
初めてのシューベルト賞は、対象者が一名しか無かったが、審査員の先生方の認めるところから、中嶋俊晴さんが受賞した。

表彰式に先立ち、鳩山由紀夫理事長が挨拶に立ち次のように述べた。
「皆さんの迫力ある歌声に聞き入っていました。音楽は国境を越えた芸術です。友愛の理念の実践に近づくことを願っています。また、毎年手伝ってくださるボランティアの裏方さんにも感謝します」 表彰式では、鳩山由紀夫理事長より、第一位から第三位までの賞状並びに副賞の贈呈が行われた。奨励賞以下特別賞の賞状並びに副賞の授与は、川手正一郎常務理事が行った。

島崎照代実行委員長による審査員紹介が行われ、表彰式を終了した。

その後全員で記念撮影、広い会場は、最後まで笑顔と歓声に包まれていた。

なお、第一位入賞者は、三月に姉妹団体ドイツ勤労青年連盟(OJAB)の協力で開催されるウィーンでのコンサートに出演する。

結果発表

名前 在学・出身校
第1位
文部科学大臣賞
照屋 篤紀 武蔵野音楽大学大学院在学中
第2位 中嶋 俊晴 東京藝術大学大学院修了
ウィーン国立音楽大学大学院修士課程リート・オラトリオ科に在学中
第3位 杉山 由紀 武蔵野音楽大学大学院修了
聴衆者賞 照屋 篤紀 武蔵野音楽大学大学院在学中
日本歌曲賞 中嶋 俊晴 東京藝術大学大学院修了
ウィーン国立音楽大学大学院修士課程リート・オラトリオ科に在学中
杉山 由紀 武蔵野音楽大学大学院修了
日本R.シュトラウス協会賞 照屋 篤紀 武蔵野音楽大学大学院在学中
シューベルト賞 中嶋 俊晴 東京藝術大学大学院修了
ウィーン国立音楽大学大学院修士課程リート・オラトリオ科に在学中
奨励賞(学生の部) 福田 夕華 東京藝術大学在学中
優秀共演者賞 田中 悠一郎 群馬大学大学院修了
ドイツ・カールスルーエ音楽大学大学院リート科修了
入選 吉田 志門 東京藝術大学在学中
原 千裕 東京藝術大学大学院修了
菅谷 公博 桐朋学園大学研究科修了
ドイツ・カールスルーエ音楽大学大学院声楽科修了
橘田 有美 東京藝術大学大学院修了
伊藤 達人 東京藝術大学大学院修了
日本友愛協会 活動詳細
のトップに戻る