Activity2015年度の活動内容

第26回日本ドイツ歌曲コンクール本選会開催

平成二十七年十二月九日(水)文京シビック小ホールに於いて、第二十六回日本ドイツ歌曲コンクール本選会が開催された。最後の日本友愛協会主催となる今回は、十一名が出場、テノールの宮下大器さんが第一位・文部科学大臣賞の栄に輝き、三年連続男性が一位受賞という、初の結果に終わった。演奏後、ドイツ歌曲普及協会へのバトンタッチが行われた。

今回から名称を改めた本コンクールは、四半世紀に及んで日本友愛協会が主催で開催してきたが、次年度からは「ドイツ歌曲普及協会」の主催となる。
最後の回に相応しい十一名の熱演が繰り広げられ、本コンクール始まって以来の三年連続男性の一位受賞という結果に終わった。
表彰式に先立ち、鳩山由紀夫理事長は挨拶で「今年もまた素晴らしい迫力の演奏を拝見させていただいた。私が点数をつけるなら全員が一位にと思っている。日本友愛協会が、リートコンクールを卒業するのは残念な気持ちもあるが、今後を引き継いでくださるドイツ歌曲普及協会を応援したい。皆さま方も宜しくお願いします。」と述べた。
恒例の聴衆者賞は、井上和子評議員長から発表され、白岩洵さん(バリトン)が、受賞。これも男性の受賞となった。
また今回二位の選考については、審査員全員の総意で二位を二名選出し、三位をなしとした。日本歌曲賞、優秀共演者賞は該当者なしとなった。
最後に、審査員の先生方始め、実行委員等今日まで本コンクールを支えて来てくださった方々に、理事長、副理事長、評議員長の三名の連名で感謝状と記念品が贈られた。特に、創設時にご尽力くださった故中嶋信行理事への感謝を込めて、中嶋テル子夫人に感謝状と記念品が贈られた。
感謝状贈呈者(敬称略)
中嶋テル子・福井安基子・岩井和子・柏井優・金子敬子・上村多美子・川本輝世・佐藤慈成・中林真奈・橋谷田智史・松川俊子・松村衣梨・向原メグミ・山田結花

結果発表

名前 在学・出身校
第1位
文部科学大臣賞
宮下 大器 東京藝術大学大学院在学中
第2位 吉澤 淳 東京藝術大学大学院在学中
深瀬 廉 東京藝術大学大学院在学中
第3位 --- ---
聴衆者賞 白岩 洵 東京藝術大学大学院修了
日本歌曲賞 該当なし ---
日本R.シュトラウス協会賞 吉澤 淳 東京藝術大学大学院在学中
シューベルト歌曲賞 宮下 大器 東京藝術大学大学院在学中
奨励賞(学生の部) 山本 将生 武蔵野音楽大学在学中
優秀共演者賞 該当なし ---
入選 佐藤 瞳 東京藝術大学大学院在学中
小野 綾香 東京藝術大学大学院在学中
細井 暁子 国立音楽大学大学院修了
白岩 洵 東京藝術大学大学院終了
杉原 藍 東京藝術大学大学院終了
小原 裕之 京都市立芸術大学大学院修了
原 千裕 東京藝術大学大学院終了
日本友愛協会 活動詳細
のトップに戻る