Activity2016年度の活動内容

「友愛講演会」北京にて二日間にわたり開催
鳩山由紀夫理事長が熱く友愛を語る

中央民族大学・北京理工大学・北京大学・北京外国語大学・
北京第二外国語大学学生を対象に

平成二十八年十一月二十二日(火)及び二十三日(水)の二日にわたり「友愛講演会」が開催され、鳩山由紀夫理事長がそれぞれ二時間にわたり、講演を行った。一日目は北京にある国立中央民族大学講堂、二日目は二十一世紀ホテルが会場となった。国際交流事業・情報発信事業の一環で行われる「友愛講演会」は二回目を迎え、中央民族大学学生・北京理工大学学生・北京大学学生・北京第二外国語大学学生・北京外国語大学学生などを対象に実施された。二日間で約七〇〇名の学生が参加し受講した。

中央民族大学は、中国に於ける少数民族教育の最高学府として一九四一年に開校した大学で、五十六民族といわれる全ての少数民族に門戸が開かれている。
昨年の第一回目の北京理工大学に於ける「友愛講演会」の素晴らしい結果を受け、今年度は二日間にわたり、鳩山由紀夫理事長が講演を行うこととなった。
一日目の会場には、中央民族大学学生及び北京理工大学の学生が出席、北京理工大学の学生達は、昨年同様奨学金対象となる「私にとって友愛とは」の感想文を提出することとなる。
二日目は二十一世紀飯店に会場を設え、北京大学、北京外国語大学の学生等二〇〇名余が出席、鳩山理事長は改めて「友愛について」の講演を行った。聴講した学生は二日間で約八〇〇名に及び、どちらの会場でも、真剣な眼差しで講演に聴き入る学生の姿が印象的だった。また、質疑応答の時間には、活発な鋭い質問が寄せられ、鳩山理事長も大いに手応えを感じていた。
中央民族大学からは、鳩山由紀夫理事長に「名誉教授の証」が贈られ、鳩山由紀夫理事長は、返礼に「友愛」の文字を大きな紙に認め、中央民族大学に贈った。

鳩山理事長の講演レジメ

日本友愛協会 活動詳細
のトップに戻る