Activity2017年度の活動内容

日中国交正常化45周年記念フォーラムにて基調講演

平成29年11月16日(木)午前6時より、北京の世紀劇場国際会議ホールに於いて、日中国交正常化45周年を記念してのフォーラムが開催された。フォーラムには、内閣府より派遣された日本青年代表団を始め、青年交流を実施している関係各位が参加し、45周年を寿いだ。
鳩山由紀夫理事長は、このフォーラムにおいて基調講演を行い、お祝いの言葉を述べた。 会場となった国際会議ホールは、日中友好の証として建設された一連の建物の一つで、21世紀飯店に隣接しており、日中友好のシンボルとして活用されている。基調講演には周恩来元総理の姪御さんにあたる周秉徳女史も登壇し、周恩来元総理の思いで話、日本との関係などを交え、これからの日中関係は若者に委ねられている、日中の青年交流は両国にとって大切な事業であると述べた。
その後「日中関係発展を促進するために青年交流は何ができるか」と題された、各団体の代表者による意見発表が行われた。昼食を交えた歓迎レセプションに移り、日本からの学生が神秘的な衣装での踊りを披露したり、白いワイシャツに赤いハッピでソーラン踊りの終わりを日の丸で演出するなど、和気相合の交流が続いた。

日本友愛協会 活動詳細
のトップに戻る