写真:鳩山会館

Activity活動内容

2017年度の活動内容

2017.7.20NEW【情報発信事業】『友愛』548号(2017年7月号)発行

〈主な記事内容〉

第15回定時評議員会・第62回臨時理事会開催

平成28年度事業報告・計算書類・公益目的支出計画実施報告書承認

任期満了に伴う理事改選で全員再任・理事長に鳩山由紀夫理事選任

ミャンマーからの研修生を迎えて、報告を受ける 

何を見て何を学んだのか―6名の研修生がそれぞれの感想を綴る 

【国際交流事業】ミャンマー指導者育成プロジェクト実施

  • 研修生3名来日 2ヶ月にわたる研修終了
  • 理事・評議員に研修成果報告 それぞれに感謝の意を述べる
    サツマイモ栽培技術を自国で活かせるプロジェクトを検討中

【国際交流事業】エヤップへ研修生派遣

  • 難民への取り組み・国連訪問 新たな世界に目を向ける
  • オーストリア外務省・在オーストリア日本大使館訪問 様々な貴重な体験を
    若者らしい感性で見つめたオーストリア及びエヤップの報告

【情報発信事業】『友愛』547号(2017年5月号)発行

〈主な記事内容〉

陝西省麟遊県・遼寧省朝陽市北票市二カ所で植林活動 

北京にて友愛奨学金授与式開催 

エヤップへ派遣の大学生中間報告

【中国植林事業】第28次友愛植林訪中団派遣

  • 第2期日中青年陜西省宝鶏市麟游県生態緑化モデル林事業
  • 第1期日中青年遼寧省北票市生態緑化モデル林

第28次友愛植林訪中は、4月8日(土)より4月13日(木)の日程で実施された。今回の訪中は、先に入選者の決まった、友愛感想文コンテスト「私にとって友愛とは」の授賞式も併せて開催する予定で、陝西省宝鶏市麟游県・遼寧省朝陽市北票市の二カ所の植林現場の他北京にも滞在し表彰式を実施するという過密な日程で、訪中団一行は中国国内を3800キロ移動、東京・北京間を合わせると5000キロを超える旅をしたことになる。 雨の植林現場、強風の植林現場それぞれに物語が生まれ、充実の訪中内容であった。

【国際交流事業】第2回「友愛講演会」感想文 友愛奨学金授与式開催

一位入賞は二年生・男子学生も入賞

学生に囲まれて記念撮影

北京での表彰式
12日も早起きして8時半の便で朝陽市から北京へと向かった。かつて竹下首相の時代に日中友好の証として建てた21世紀飯店で、国際青年交流センターの馬興民主任が主催する昼食会の後、北京理工大学の日本語作文コンテストの優秀者に贈る友愛奨学金の表彰式を行なった。
みなさんの日本語学力はなかなかたいしたもので、最優秀の女の子はまだ大学2年生だった。彼らのような優秀な人材が将来日中友好のために活躍することを心から願う。(『友愛』5月号/547号 植林訪中記より)

2017年度活動内容
のトップに戻る